シラバスの表示

日本古代・中世史特論Ⅱ / Ancient and Medieval History in Japan(Advanced Lecture)II

後期 月曜日 5講時. 単位数: 2. 担当教員/Instructor: 柳原 敏昭. セメスター: 2学期. 履修年度: 2023. 科目ナンバリング: LJS-HIS602J. 使用言語: 日本語.

授業題目

東北における中世史研究の軌跡

Course Title (授業題目)

Tracing the Trajectory of Medieval Historical Research in the Tohoku Region

授業の目的と概要

 本年、東北大学大学院文学研究科日本史研究室は、創立100周年を迎える。これを機に、中世史を中心として研究室および関係者の研究活動を振り返り、その特徴と意義を確認するとともに、今後の展望について考えてみたい。

Course Objectives and Course Synopsis(授業の目的と概要)

This year marks the 100th anniversary of the founding of the Japanese History Laboratory, Graduate School of Arts and Letters, Tohoku University. On this occasion, we would like to take this opportunity to review the research activities of the laboratory and related personnel, with a focus on medieval history, to confirm its characteristics and significance, and to consider its future prospects.

学修の到達目標

1.個人資料に基づいた史学史研究の新しい手法を理解する。
2.日本史学史上の東北大学大学院文学研究科日本史研究室の位置づけについて理解する。

Learning Goals(学修の到達目標)

1.To understand new methods of historical research based on personal documents.

2.To understand the position of the Japanese History Laboratory, Graduate School of Arts and Letters, Tohoku University in the history of Japanese history.

授業内容・方法と進度予定

1.はじめに
2.東北大学日本史研究室の創設
3.喜田貞吉と奥羽史料調査部の活動
4.奥羽史料調査部と古文書の収集
5.戦前期の地方学会
6.社会経済史学会東北部会の活動
7.大島正隆―東北中世史の開拓者―
8.大島正隆の民俗学研究
9.秋田家史料の搬入
10.大島正隆による秋田家史料の整理と研究
11.大島正隆の奥州留守氏研究
12.大島正隆の中近世移行期研究
13.戦後の再出発と豊田武の赴任
14.『中世奥羽の世界』の刊行とその意義
15.まとめ

成績評価方法

リポート[60%]・出席[20%]・その他(授業中における発表の内容、議論への関与度)[20%]

Grading Plan(成績評価方法)

Report (60%), Attendance (20%), Other (in-class presentations, contribution to discussions, etc.) (40%)

教科書および参考書

特になし。
None in particular

授業時間外学修

毎回、参考文献を紹介するので、各自が適宜それを読む。

 これと関連したシラバス 学務情報システムで確認
このシラバスを共有