シラバスの表示

人文社会序論 / Introduction to Humanities and Social Sciences

後期 金曜日 2講時. 単位数: 2. 担当教員/Instructor: 大河内 昌, TINK JAMES MICHA, 大貫 隆史. セメスター: 2. 履修年度: 2023. 科目ナンバリング: LHM-OHS203B. 使用言語: 2カ国語以上.

授業題目

英文学入門

Course Title (授業題目)

Introduction to English Literature

授業の目的と概要

1年生のための英文学の入門のための授業です。この授業では英文学専修の三人の教員が英文学の特徴や研究の方法などを具体的な作品や資料を使ってわかりやすく説明します。ここで言う英文学とはイギリス文学だけでなく、アメリカ文学など英語で書かれた文学を意味します。三人の教員がそれぞれ文学の主要なジャンルである詩、演劇、小説をとりあげて説明します。また、文学と映画やテレビといった他のメディアとの関係、文学と政治の関係、翻訳といった問題にも触れます。また、大学で研究をするための英語力をつけるための方法なども説明します。英文学だけでなく文学の研究全般に関心のある学生を対象とします。最終回の授業では教員全員が出席し、学生からの質問を受けつけます。教員が提示する題目から一つを選んでレポートを提出してもらいます。

Course Objectives and Course Synopsis(授業の目的と概要)

An introduction for freshmen to English Literature, conducted by the three teachers of English Department. This course offers the knowledge of the history and characteristics of English literature, which includes not only British but also ones written in English including American and post-colonial literature. Three teachers will take turns to teach three main genres--poetry, drama, and the novel. In this course, various topics such as the relation between literature and other media, or the social function of literature will be treated. We are looking forward to meeting students with interests in not only English but literature in general. In the final class, the three teachers will attend the class and talk to the students. Students must write a short end-term essay, choosing one topic from those given during the course.

学修の到達目標

(1)英文学について知る
(2)文学の研究方法を知る
(3)分析的な思考法を身につける

Learning Goals(学修の到達目標)

(1) To acquire the knowledge of English literature
(2) To get familiar with the method of studying literature
(3) To think of what Literature is

授業内容・方法と進度予定

(1) イントロダクション (大河内教授)
(2) 英詩への招待-ロバート・フロスト (大河内教授)
(3) 英詩への招待-エミリー・ディキンソン (大河内教授)
(4) 英詩への招待-ラングストン・ヒューズ他 (大河内教授)
(5) 英詩への招待-ウィリアム・ワーズワス (大河内教授)
(6) イギリス演劇入門: ウィリアム・シェイクスピア (ティンク准教授)
(7) イギリス演劇入門: 喜劇 (ティンク准教授)
(8) イギリス演劇入門: 悲劇 (ティンク准教授)
(9) イギリス演劇入門:文学と映画 (ティンク准教授)
(10) 小説入門:作家と登場人物の関係〈1〉(大貫准教授)
(11) 小説入門:作家と登場人物の関係〈2〉(大貫准教授)
(12) 小説入門:翻訳の理論〈1〉(大貫准教授)
(13) 小説入門:翻訳の理論〈2〉(大貫准教授)
(14) 復習と期末レポートの説明(大河内教授)
(15) 教員と学生のディスカッション (大河内教授、ティンク准教授、大貫准教授)

成績評価方法

レポート70%;クラス参加30%

Grading Plan(成績評価方法)

End-term report 70% ; Class participation 30%

教科書および参考書

プリントを配布します

授業時間外学修

予習段階でかならず教材にあらかじめ目を通しておくこと。

 これと関連したシラバス 学務情報システムで確認
このシラバスを共有